老犬・老猫ホームのスタッフ紹介

老犬・老猫ホームスタッフイメージ

ひまわりスタッフ紹介1

正解のない老犬介護の日々で
一匹、一頭と真摯に向き合う

マツシタ ハルコ

松下 晴子

従業員紹介

動物看護師:動物看護師統一認定機構 RVNO11442号

10年以上前、私は初めて寝たきりの犬の介護を担当しました。バーニーズマウンテンの『楓』という名の大きな犬でした。当時は、老犬介護に関する情報がほとんどなく、手探りでの介護でした。床ずれができ、試行錯誤しながら治療を続ける日々。一方で楓は、動けない自分自身にイライラし泣き喚く・・・。終わりの見えない介護、どうしたらこの子が穏やかに過ごせるのだろう・・・。当時は、他にも病気の犬や、老犬のお世話を抱えていた為、楓のみに避ける時間も限られ、私の精神状態はかなり追い詰められておりました。

そのような状態で半年ほどが経ち彼女は永眠いたしました。その後もグレートデーン、シェルティ、シェパード、ボルゾイ、キャバリア等、様々な犬種の介護に携わり、経験を重ねていくうちに、ひとつの信念が生まれました。『後悔をしたくない』という事です。その子が亡くなってからも後悔するようなお世話はしたくない、亡くなってから「お互い頑張ったね」と声を掛けてあげられるお世話がしたいと。それからは、気持ちに余裕が生まれ、直面している現実に冷静に向き合えるようになりました。

今思えば、楓の鳴き喚く原因は、私の心の不安定が伝わったからだと思います。犬は、人間の心の機微を敏感に感じ取ります。私が楓を不安にさせていたのでしょう。
今の私の介護の知識や技術は、たくさんの犬達に教えてもらったものです。そして、私が経験したような悩みや不安を抱える方々をはじめ、1人でも多くの飼い主様の心へ寄り添えることができたら、こんなに素晴らしいことはないと思います。犬達に教えてもらったことを、無駄にしないために。

ひまわりスタッフ紹介2

面会時に一層笑顔になれるよう
穏やかな時間をサポートしたい

スズキ ユウコ

鈴木 優子

ひまわり従業員紹介

トリマー3級
(全日本愛犬技術者指導協会)
ホームドッグトレーナー3級
(全日本愛犬技術指導者協会)
愛玩動物飼養管理士1級
(公益社団法人日本愛玩動物協会)

私は、動物がとても大好きです。飼っている犬と一緒に毎日の生活を楽しんでいます。彼らは良き理解者であり、大切な家族です。きっと飼い主様たちも同じようなお気持ちだと思います。そんな大切なご家族をお世話させていただけることはとても嬉しく、本当にやりがいのあるお仕事だと思っています。もちろん生き物のお世話は、楽しいことばかりではありません。ですが、面会のときの飼い主様とわんちゃんの嬉しそうな笑顔を見るたび、より一層頑張ろうと思えます。

様々な事情で悩んでいる飼い主様と、わんちゃん、ねこちゃんが笑顔になれるお手伝いができれば幸せです。

ひまわりスタッフ紹介3

「飼い主様に代わり、お世話をする」
強い使命感と、深い愛情でケア

ホンマ ユミコ

本間 有美子

ひまわり従業員紹介

近年、食事や健康管理への意識、獣医学の進歩などにより、犬の寿命も延びてきています。我が家でも13歳の老犬を飼っておりますが、年々老いるのを目の当たりにしつつ、縁があって家族になったのですから、最後まで看たいと思います。しかしながら、諸事情でそれが不可能な方もいらっしゃると思います。そういった方々のために当ホームが手助けになれば幸いです。

入所される時の、飼い主様とわんちゃんの別れ難い表情を見ると切なくなりますが、そのわんちゃんに接する際には、飼い主様のお顔が思い浮かび「あの方に代わってお世話させて頂いている」という使命感を持ちながら、日々お世話をさせていただいています。

私は、自分の愛犬のように愛情を持って、1日でも早くわんちゃんが環境に慣れ、快適に暮らせるよう、そして飼い主様にも安心していただけるよう、努力していきたいと思っています。

ひまわりスタッフ紹介4

子犬の出産を目の当たりにしたからこそ
命の尊さを知り、最後まで力になりたい

カワマツ チカ

川松 千花

ひまわり従業員紹介

私は、つくば国際ペット専門学校を卒業後、つくばわんわんランドに就職し、母犬や子犬のお世話を担当しておりました。一般的に「犬は安産」とされていますが、母犬はいつも命がけで子犬を出産しています。誰に教えてもらうでもなく、自分で子を産み、愛しむ。子犬もまた、生まれてすぐ母犬の元へ必死に這っていきお乳を吸う。私はいつもそんな姿を見て、1つの命の重さと、「精一杯生きる」という生命力の強さを感じることが出来ました。

このように生まれてきた大切な命を、ご家族に愛されてきた大切な命を、最期の瞬間まで全うできるためのサポートが出来ればと思います。産みの苦しみを目の当たりにしたからこそ、命の重さも、より尊いものだと感じます。

つくばわんわんランド集合写真

当ホームは、わんわんランドの中に施設があります。隣には動物病院、その隣にはペットの専門学校があり、獣医、動物看護師、トリマー、トレーナーなど各分野のエキスパートが常時30名ほど在籍しているのも大きな特徴です。
みんな犬好きというか、犬オタクのレベルで犬を愛しているスタッフ達です。

彼女はかつて、わんわんランドのふれあい広場でお仕事をしていましたが、10歳になる前に椎間板ヘルニアにより下半身に麻痺が起き、これまでの生活が送れなくなってしまいました。今はひまわりのスタッフとして、第二の人生?を送っています。彼女のお仕事は、持ち前の明るさと愛嬌で、障害があっても楽しく生きられるのですよ~と、飼い主様を和ませる事です。

お客様とおやつが大好きなカプチをよろしくお願いします。

  1. ページトップへ